FrontISTR 研究会

一般 => FrontISTR サポート => スレッド開設者: ghashimoto より 2月 03, 2016, 07:45:05 午前

スレッド名: 【FrontISTR Ver.4.4ユーザマニュアル関連】熱伝導解析での離散化式
投稿者: ghashimoto より 2月 03, 2016, 07:45:05 午前
24ページ

・「後退オイラー法」は誤りであり,「Crank-Nicolson法」が正しいです.

・拡散マトリクスをNewton-Raphson法で解いているような記述がありますが,
プログラムの中では繰り返し代入法で解いています.
Newton-Raphson法は,使用されていません.
物性値変化による非線形性が大きい場合,収束性が悪くなる可能性があります.

次バージョンではマニュアルの記述を修正する必要があると思います.