投稿者 スレッド: 【FrontISTR Ver.4.4ユーザマニュアル関連】弾塑性材料の定義について  (参照数 1455 回)

ghashimoto

  • Okulab
  • Newbie
  • *****
  • 投稿: 17
    • プロフィールを見る
FrontISTR Ver.4.4ユーザマニュアルの50ページ
「4.2.3 非線形静解析」

(例) 弾塑性材料の定義
!MATERIAL
!ELASTIC, TYPE=ISOTROPIC        --- 等方性弾性材料の定義
21000.0, 0.3                            --- ヤング率とポアソン比を定義(必須)
!PLASTIC, TYPE=DRUCKER-PRAGER   --- Drucker-Prager塑性材料の定義
500.0, 4.0, 10.0



(例) 弾塑性材料の定義
!MATERIAL
!ELASTIC, TYPE=ISOTROPIC        --- 等方性弾性材料の定義
21000.0, 0.3                            --- ヤング率とポアソン比を定義(必須)
!PLASTIC, YIELD=DRUCKER-PRAGER   --- Drucker-Prager塑性材料の定義
500.0, 4.0, 10.0

が正しい.


FrontISTR Ver.4.4ユーザマニュアルの124ページ
「(4) !PLASTIC (2-2-2)」

YIELD = Mohr-Coulomb または Drucker-Pragerの場合



YIELD = MOHR-COULOMB または DRUCKER-PRAGERの場合

が正しい.
降伏関数の設定は大文字で記述される必要がある.
« 最終編集: 8月 26, 2015, 06:31:41 午後 by ghashimoto »