第42回FrontISTR研究会
<FrontISTRの最新活用事例>


FrontISTR Ver. 5.0aが公開され、FrontISTRにいくつかの新機能が導入されました。 今後も様々な分野へのFrontISTRの導入と活用が期待されています。
今回の研究会では、FrontISTRの最新活用事例について紹介していただきます。 ご紹介していただく内容は、高速鉄道モデルの車輪・レール間の動的転がり接触解析、 ゴムベルトの解析における自動時間増分機能/カットバック機能の活用、 FPGAを用いたFrontISTRのSpMV高速化に向けた取り組みです。
FrontISTR研究会は、これまでの実績を踏まえて、来年度よりさらに活発かつ柔軟な運営を目指して一般社団法人化する予定です。 最後に、4月以降の運営方針や活動予定についてご説明します。
皆様、奮ってご参加願います。

日時:2018年3月16日(金)14時~17時30分
場所:東京大学本郷キャンパス 工学部8号館 84講義室 (地下1階)

主催:FrontISTR研究会
共催:東京大学革新的シミュレーション研究センター(CISS)
協力:日本計算工学会ベンチマークデータ共有研究会




s_pencil1_g 参加申込 こちら

参加申込の際にはユーザーIDが必要です。
まだユーザーIDを取得されていない方は、予めユーザーIDを取得し、参加申込をお願いします。

s_pencil1_g ユーザーID取得 こちら



プログラム

  • 14:00-14:05 はじめに
    1. 開会挨拶
    2. 本日のスケジュール
      奥田洋司 (東京大学)

  • 14:05-14:10 ユーザーとの情報交換・プログラム更新履歴 (2/6~3/16)
    • 井原遊 (東京大学大学院学生)

  • 14:10-15:10 高速鉄道モデルの車輪・レール間の動的転がり接触解析
    • 林雅江 (鉄道総合技術研究所)

  • 15:10-16:10 自動時間増分機能/カットバック機能の活用事例
    • 徳田明彦 (三ツ星ベルト)

    (休憩)

  • 16:25-16:55 FPGAを用いたSpMV高速化の取り組み~FrontISTRへの適用に向けて~
    • 安仁屋宗石 (富士通アドバンストエンジニアリング)

  • 16:55-17:25 平成30年度以降の研究会の運営方法について
    • 奥田洋司 (東京大学)

  • 17:25-17:30 おわりに
    1. 閉会挨拶
    2. 来年度のFrontISTR研究会のお知らせ
      奥田洋司 (東京大学) 



お問い合わせ

FrontISTR研究会事務局
一般社団法人FrontISTR Commons
東京都文京区弥生二丁目11番16号
東京大学大学院工学系研究科総合研究機構内

  • seminar [あっとマーク] frontistr.org