オープンソース大規模並列FEM非線形構造解析プログラム

一般社団法人 FrontISTR Commons ユーザ会資料・ダウンロード

FrontISTRについて

FrontISTR(フロントアイスター)は、WindowsやLinuxのPCクラスタはもとより京などの超並列スパコンにも対応可能なオープンソースの構造解析ソルバーです。平成24年度末に研究開発プロジェクトは区切りを迎えますが、引き続きFrontISTRシステム(プリ・ポストREVOCAP_PrePostを含む)の利用促進、産業応用、ソフトウェア資産や解析データの維持管理、機能改良、等を目的に、標記名称のユーザー会を発足する運びとなりました。

初めての方へ

本サイトは、オープンソース大規模並列FEM非線形構造解析プログラムFrontISTRのユーザー会サイトです。FrontISTRのダウンロードは、データリザーバページや、Githubページから可能です。また、本会の趣旨をご覧いただき、ユーザーIDの取得をしますと、各種技術交流会などへの参加や、詳細な技術資料・インストールの手引きなどをご覧いただけます。

[ Supporting member PR ]



新着情報




開催予定・開催履歴

第58回FrontISTR研究会

2020年01月24日 (金) 14:00 〜 17:30

東京大学本郷キャンパス工学部8号館 85講義室(地下1階)

主催 主催:FrontISTR Commons
共催:東京大学革新的シミュレーション研究センター(CISS)
概要 第58回FrontISTR研究会は、3件の話題提供と、1件の技術情報を予定しております。接触解析やそれに関連した反復ソルバーに関する理論寄りな話題や、形状最適化に関する新しい話題提供、また、性能計測に関するベンチマークプログラムの解説があります。
皆様、ぜひご予定繰り合わせの上、ご参加下さい。
プログラム 14:00-14:05 開会挨拶
  奥田 洋司 (東京大学)
14:05-14:20 ユーザー対応レポート
  井原 遊 (東京大学・科学計算総合研究所)
14:20-15:00 話題提供1
 「MPC・接触並列処理のための陽的自由度消去法」
  後藤和哉(PExProCS)
15:00-15:40 話題提供2
 「MPC条件処理のためのAinsworthの定式化の拡張とその反復法ソルバーへの応用」
  徳永健一(アドバンスソフト)
15:40-16:00 (休憩)
16:00-16:50 話題提供3
 「FrontISTRを組み込んだ形状最適化ツール」
  山口太一(東京大学・福井県工業技術センター)
16:50-17:20 技術情報1
 「SpMVパフォーマンス計測プログラム」
  奥田洋司(東京大学)
17:20-17:30 閉会の辞・諸連絡
 ・計算工学会、第2回FrontISTRシンポジウム、等
参加者 32 名
申込締切 2020-01-24 17:20:00
カレンダー カレンダーに追加
資料
  • (04)variables_S.pdf
  • 2020年度 FrontISTR Commonsイベントスケジュール.pdf
  • FrontISTR_性能評価_奥田20171013.pdf
  • MPC・接触並列処理のための陽的自由度消去法.pdf
  • MPC条件処理のためのAinsworthの定式化の拡張とその反復法ソルバーへの応用.pdf
  • SpMV160816_Power追記.pdf
  • ユーザー対応レポート
  • 正会員限定、登録ユーザ限定のファイルがある場合があります。