オープンソース大規模並列FEM非線形構造解析プログラム

一般社団法人 FrontISTR Commons ユーザ会資料・ダウンロード

FrontISTRについて

FrontISTR(フロントアイスター)は、WindowsやLinuxのPCクラスタはもとより京などの超並列スパコンにも対応可能なオープンソースの構造解析ソルバーです。平成24年度末に研究開発プロジェクトは区切りを迎えますが、引き続きFrontISTRシステム(プリ・ポストREVOCAP_PrePostを含む)の利用促進、産業応用、ソフトウェア資産や解析データの維持管理、機能改良、等を目的に、標記名称のユーザー会を発足する運びとなりました。

初めての方へ

本サイトは、オープンソース大規模並列FEM非線形構造解析プログラムFrontISTRのユーザー会サイトです。FrontISTRのダウンロードは、データリザーバページや、Githubページから可能です。また、本会の趣旨をご覧いただき、ユーザーIDの取得をしますと、各種技術交流会などへの参加や、詳細な技術資料・インストールの手引きなどをご覧いただけます。

新着情報




開催予定・開催履歴

第58回FrontISTR研究会

2020年01月24日 (金) 14:00 〜 17:30

東京大学本郷キャンパス工学部8号館 85講義室(地下1階)

主催 主催:FrontISTR Commons
共催:東京大学革新的シミュレーション研究センター(CISS)
概要 第58回FrontISTR研究会は、3件の話題提供と、1件の技術情報を予定しております。接触解析やそれに関連した反復ソルバーに関する理論寄りな話題や、形状最適化に関する新しい話題提供、また、性能計測に関するベンチマークプログラムの解説があります。
皆様、ぜひご予定繰り合わせの上、ご参加下さい。
プログラム 14:00-14:05 開会挨拶
  奥田 洋司 (東京大学)
14:05-14:20 ユーザー対応レポート
  井原 遊 (東京大学・科学計算総合研究所)
14:20-15:00 話題提供1
 「MPC・接触並列処理のための陽的自由度消去法」
  後藤和哉(PExProCS)
15:00-15:40 話題提供2
 「MPC条件処理のためのAinsworthの定式化の拡張とその反復法ソルバーへの応用」
  徳永健一(アドバンスソフト)
15:40-16:00 (休憩)
16:00-16:50 話題提供3
 「FrontISTRを組み込んだ形状最適化ツール」
  山口太一(東京大学・福井県工業技術センター)
16:50-17:20 技術情報1
 「SpMVパフォーマンス計測プログラム」
  奥田洋司(東京大学)
17:20-17:30 閉会の辞・諸連絡
 ・計算工学会、第2回FrontISTRシンポジウム、等
参加者 32 名
申込締切 2020-01-24 17:20:00
カレンダー カレンダーに追加
資料
  • (04)variables_S.pdf
  • 20200124寸法最適化_山口.pdf
  • 2020年度 FrontISTR Commonsイベントスケジュール.pdf
  • FrontISTR_性能評価_奥田20171013.pdf
  • MPC・接触並列処理のための陽的自由度消去法.pdf
  • MPC条件処理のためのAinsworthの定式化の拡張とその反復法ソルバーへの応用.pdf
  • SpMV160816_Power追記.pdf
  • ユーザー対応レポート
  • 正会員限定、登録ユーザ限定のファイルがある場合があります。

    第57回FrontISTR研究会

    2019年12月10日 (火) 14:00 〜 17:30

    東京大学本郷キャンパス工学部8号館
    85講義室(地下1階)

    主催 主催:FrontISTR Commons
    共催:東京大学革新的シミュレーション研究センター(CISS)
    概要 第57回FrontISTR研究会は、2件の学会報告、各WGからの活動報告、2件の技術情報提供を予定しており、FrontISTRをご利用の解析実務者の方には耳寄りな技術情報が多く含まれた回となります。
    また今年最後ということで、すこし早めの終了、また終了後にかんたんな交流会を予定しております。
    皆様、ぜひご予定繰り合わせの上、ご参加下さい。
    プログラム 14:00-14:10 開会挨拶
      奥田 洋司 (東京大学)
    14:10-14:40 学会報告
      SC19 林 雅江 (東京大学)
      第1回FrontISTRシンポジウム 奥田洋司(東京大学)
    14:40-15:40 各WGからの報告
     サポートWG 最近のユーザー対応状況 井原遊(東京大学)
     ソフトウェアWG 接触を含む陽的並列動解析機能 森田直樹(東京大学)
     計算インフラWG バイナリ提供 井原遊(東京大学)
    15:40-16:00 (休憩)
    16:00-16:30 技術情報1
    「Ver.5.0における接触解析機能の改良」
       後藤和哉(PExProCS)
    16:30-17:00 技術情報2
    「非線形解析のしきい値設定、カットバック等について」
      稲垣和久 (FrontISTR Commons)
    17:00-17:10 閉会の辞
     FrontISTR Commonsより諸連絡
     開発者合宿案内、シンポジウム開催案内

    17:10 〜 忘年会的な情報交換会(参加費無料、ノンアルコール)
    参加者 26 名
    申込締切 2019-12-10 17:00:00
    カレンダー カレンダーに追加
    資料
  • 第1回FrontISTRシンポ_報告.pdf
  • 20191210_Software_WG.pdf
  • サポートWG:最近のユーザー対応状況、計算インフラWG:バイナリ提供とCI/CDへの取り組み
  • (講演後修正)
  • [email protected]_参加報告.pdf
  • 正会員限定、登録ユーザ限定のファイルがある場合があります。

    FrontISTR講習会 ITOを用いたハンズオン
    <「非線形構造解析用プログラムFrontISTR ~プレ・ポスト(REVOCAP_PrePost、Paraview)からITOを用いた並列計算まで~」>

    2019年12月03日 (火) 10:00 〜 17:00

    九州大学 伊都キャンパス 情報基盤研究開発センター 2階 多目的教室
    福岡県福岡市西区元岡744

    主催 主催:FrontISTR Commons、九州大学情報基盤研究開発センター
    共催:高度情報科学技術研究機構(RIST)、東京大学革新的シミュレーション研究センター(CISS)
    概要 このハンズオンでは、九州大学情報基盤研究開発センターのITOを計算サーバーとして、非線形構造解析ソフトウェアFrontISTRの機能解説、例題計算、並列計算とその性能評価を行います。FrontISTRはITOにプリインストールされた並列計算プログラム群のひとつで、構造物の変形や応力状態を計算することができます。
    ハンズオンでは、REVOCAP_PrePostによるデータの準備(プリプロセッシング)、Paraviewによる計算結果の可視化(ポストプロセッシング)も含めた一連の流れを、ローカルPCならびスパコンITOを用いて実施します。
    ハンズオン参加者が、並列有限要素解析ソフトウェアの実行手順を理解し、それを並列計算機環境で実行する技術を身に着けるだけでなく、並列計算の威力を実感できるようになることを目的とします。

    参加費:無料。ただし予めユーザ登録(無料)をお願いをお願いします。

    対象者:FrontISTRを用いた並列構造解析に興味のある方。企業、研究所、ソフトウェアベンダー等で構造解析に携わっておられるエンジニアの方々や大学院生の皆様のご参加を歓迎致します。UNIXでのファイル操作、テキスト編集、コマンド実行等の基本的な知識があることが好ましいですが、並列計算、プログラミングの経験は問いません。

    講師:
    奥田洋司(東京大学大学院新領域創成科学研究科、FrontISTR Commons)
    林 雅江(東京大学大学院新領域創成科学研究科、FrontISTR Commons)
    後藤和哉(合同会社PExProCS、FrontISTR Commons)
    徳永健一(アドバンスソフト株式会社、FrontISTR Commons)

    事前準備
    ハンズオンは九州大学の端末および九州大学のスーパーコンピュータITOを用いて行う予定です。
    プログラム 10:00 FrontISTRの概要
    10:20 ハンズオンで用いる計算機環境、プリ・ポスト環境
    10:40 ITOへのログイン、インストール(プリインストールのため説明のみ)
    11:00 プリ・逐次FEM・ポストの一連の流れ1
    12:00 昼食休憩
    13:30 プリ・逐次FEM・ポストの一連の流れ2
    14:00 並列FEM解析実習
    15:00 並列性能評価
    15:45 休憩
    16:00 剛性マトリックス(連立一次方程式)解法の選択
    16:45 今後のサポート体制について
    17:00 終了予定
    *プログラムはハンズオンの進行状況に応じて修正する場合があります。
    参加者 6 名
    定員 20 名
    申込締切 2019-11-27 00:00:00
    カレンダー カレンダーに追加
    資料
  • 1_はじめに.pdf
  • 2_FrontISTRと利用可能なソフトウェア.pdf
  • 3_FrontISTRの機能と使用手順.pdf
  • 4_FrontISTRの逐次計算(1)_例題計算 .pdf
  • 5_FrontISTRの並列計算(1)_複数コアを用いた並列計算.pdf
  • 6_FrontISTRの並列計算(2)_複数コアを用いた並列性能評価.pdf
  • 7_FrontISTRの逐次計算(2)_計算精度の検証.pdf
  • 8_連立一次方程式解法の選択.pdf
  • 9_サポート体制.pdf
  • examples.tar.gz
  • 正会員限定、登録ユーザ限定のファイルがある場合があります。