オープンソース大規模並列FEM非線形構造解析プログラム

一般社団法人 FrontISTR Commons ユーザ会資料・ダウンロード

FrontISTRについて

FrontISTR(フロントアイスター)は、WindowsやLinuxのPCクラスタはもとより京などの超並列スパコンにも対応可能なオープンソースの構造解析ソルバーです。平成24年度末に研究開発プロジェクトは区切りを迎えますが、引き続きFrontISTRシステム(プリ・ポストREVOCAP_PrePostを含む)の利用促進、産業応用、ソフトウェア資産や解析データの維持管理、機能改良、等を目的に、標記名称のユーザー会を発足する運びとなりました。

初めての方へ

本サイトは、オープンソース大規模並列FEM非線形構造解析プログラムFrontISTRのユーザー会サイトです。FrontISTRのダウンロードは、データリザーバページや、Githubページから可能です。また、本会の趣旨をご覧いただき、ユーザーIDの取得をしますと、各種技術交流会などへの参加や、詳細な技術資料・インストールの手引きなどをご覧いただけます。

[ Supporting member PR ]



新着情報

2021年 01月 27日FrontISTR の master ブランチが更新されました。
2020年 12月 21日会員向けにAdvance/REVOCAP_PrePost for FrontISTRの無償提供を開始しました。
2020年 11月 13日FrontISTR v5.1.1 が公開されました。
2020年 08月 24日FrontISTR Commonsを介したメール配信の特典について明記しました(賛助会員のみ)。
2020年 08月 24日分野別分科会情報(会員専用ページ)をアップしました。
2020年 06月 30日FrontISTR v5.1 が公開されました。
2020年 05月 14日2020年5月29日に開催される第59回FrontISTR研究会に先立ち、第2回社員総会を実施します。



開催予定・開催履歴

第63回FrontISTR研究会

2021年02月19日 (金) 14:00 〜 17:30

Zoomによるオンライン

主催 FrontISTR Commons
概要 今回は、5件の利用事例と技術情報に関するご講演と1件のイベント報告を予定しています。
オンラインでの開催となりますが、豊富な内容での開催を企画しておりますので
ぜひご予定お繰り合わせの上、ご参加下さい。
プログラム 14:00-14:10 開会挨拶、事務連絡、Zoom接続状況チェック
<利用事例、技術情報>
14:10-14:40 「廃棄石炭鉱山の安全性に関する地震応答解析」
董勤喜(株式会社エデュサイエンス総合研究所、中国海南大学)
14:40-15:10 「A64FXにおけるFrontISTRの高速化」
稲垣和久(富士通株式会社)
15:10-15:40 「Graph convolutional network を用いたメッシュベース数値解析に関して」
堀江正信, 森田直樹(株式会社科学計算総合研究所, 筑波大学), 菱沼利彰(株式会社科学計算総合研究所), 井原遊( 株式会社科学計算総合研究所), 三目直登 (筑波大学)
15:40-15:50 休憩
15:50-16:20 「ポスト京重点課題8 高度成形・溶接シミュレータのプリポストソフトウェアの続報」
木村直樹, 江連真一, 丸山 美由紀(MRI リサーチアソシエイツ), 井原遊( 株式会社科学計算総合研究所), 林雅江, 奥田洋司(東京大学)
16:20-16:50 「デジタル画像相関法を用いた有限要素解析の妥当性確認とパラメータ推定」
綿引壮真(株式会社構造計画研究所)
16:50-17:20 オープンCAE FrontISTR合同シンポジウム 開催報告
徳永健一(FrontISTR Commons, アドバンソフト株式会社), 奥田洋司(FrontISTR Commons, 東京大学)
<各WGからの報告、今後のスケジュール>
17:20-17:30
・Advance/REVOCAP_PrePost 会員特典ダウンロードについて
・次年度の研究会年間予定について
・その他
17:30 終了予定
参加者 37 名
申込締切 2021-02-19 12:00:00
カレンダー カレンダーに追加
資料
  • A64FXにおけるFrontISTRの高速化_配布用.pdf
  • Graph convolutional network を用いたメッシュベース数値解析に関して
  • オープンCAE FrontISTR合同シンポジウム 開催報告
  • デジタル画像相関法を用いた有限要素解析の妥当性確認とパラメータ推定
  • 廃棄石炭鉱山の安全性に関する地震応答解析.pdf
  • 正会員限定、登録ユーザ限定のファイルがある場合があります。

    FrontISTR講習会 北大グラン・シャリオを用いたハンズオン
    <非線形構造解析用プログラムFrontISTR ~プレ・ポスト(REVOCAP_PrePost、Paraview)からグラン・シャリオを用いた並列計算まで~>

    2021年03月17日 (水) 10:00 〜 17:00

    Zoomによるオンライン

    主催 主催:FrontISTR Commons
    共催:高度情報科学技術研究機構(RIST)、北海道大学情報基盤センター
    概要 本ハンズオンセミナーでは、並列有限要素解析ソフトウェアFrontISTRの機能解説、インストール方法、例題計算とその精度検証、複数コアを用いた並列計算とその性能の評価を行います。セミナーの参加者が、並列有限要素解析ソフトウェアの実行手順を理解し、それを並列計算機環境で実行する技術を身に付けるだけでなく、得られた解に対する信頼性を確認できるようになることを目的とします。
    本ハンズオンセミナーでは、北海道大学のスパコンへリモートアクセスをします。
    皆様、奮ってご参加願います。

    参加定員:10名
    申込期限:3月4日(定員に達し次第、締め切らせていただきます)
    参加費:無料。ただしお申し込みには当サイトでのユーザ登録(無料)が必要です。
    また、お申し込みのあと、事務局から追加情報のアンケートを送信いたします。その返信をもって参加が確定となりますのでご注意ください。

    受講対象者 :
    FrontISTRを用いた並列構造解析に興味のある方。企業、研究所、ソフトウェアベンダー等で構造解析に携わっておられるエンジニアの方々や大学院生の皆様のご参加を歓迎致します。UNIXでのファイル操作、テキスト編集、コマンド実行等の基本的な知識があることが好ましいですが、並列計算、プログラミングの経験は問いません。
    なお、HPCIのユーザの方、HPCI を利用する予定がある、または利用を検討している方。北海道大学の Grand Chariot のユーザの方、北海道大学の Grand Chariot を利用予定がある、または利用を検討しているが対象です。
    (HPCI-IDの申請についてはこちらを参照ください→ https://www.hpci-office.jp/entry/)

    注意事項:
    ・ノートPCは、必ずウィルス対策をしておいてください。
    ・今回のセミナーでは、UNIXに関する基本的なコマンドを概ねご存知のものとして解説します。

    講師:
    徳永健一(アドバンスソフト株式会社、FrontISTR Commons)
    小川道夫(帝京大学、FrontISTR Commons)
    後藤和哉(合同会社PExProCS、FrontISTR Commons)
    林 雅江(東京大学大学院新領域創成科学研究科、FrontISTR Commons)
    奥田洋司(東京大学大学院新領域創成科学研究科、FrontISTR Commons)


    ++++ お申し込みが定員に達しましたので、受付を終了しました ++++

    プログラム 10:00 FrontISTRの概要
    10:20 ハンズオンで用いる計算機環境、プリ・ポスト環境
    10:40 グラン・シャリオへのログイン、インストール(プリインストールのため説明のみ)
    11:00 プリ・逐次FEM・ポストの一連の流れ1
    12:00 昼食休憩
    13:30 プリ・逐次FEM・ポストの一連の流れ2
    14:00 並列FEM解析実習
    15:00 並列性能評価
    15:45 休憩
    16:00 剛性マトリックス(連立一次方程式)解法の選択
    16:45 今後のサポート体制について
    17:00 終了予定
    *プログラムはハンズオンの進行状況に応じて修正する場合があります。
    参加者 10 名
    申込締切 2021-02-26 14:00:00
    カレンダー カレンダーに追加
    資料